つんくの嫁は元タレントの出光加奈子。馴れ初めはあのお笑い芸人が関係していた!?

Pocket

つんくさんと言えばシャ乱Qのボーカルや、モーニング娘。のプロデュースをされていましたね。

そんなつんくさんは元タレントの出光加奈子さんと2006年6月8日に結婚しました。

それでは2人の馴れ初めや結婚生活、夫婦仲を中心にまとめましたのでさっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

馴れ初めはお笑い芸人の博多華丸の紹介

出典元:ORICON MUSIC

つんくさんと出光加奈子さんの馴れ初めは2人の共通の友人であるお笑い芸人の博多華丸さんが仲介したことでした。

2005年につんくさんは福岡での仕事の際、ローカル番組「ももち浜ストア」にレボーターとして出演していた出光加奈子さんに一目惚れしたそうです。

そして、同年の春頃ごろに友人であるお笑い芸人の博多華丸さんに出光加奈子さんとお見合いをしたいと頼んだそうです。

そして、同年7月に2人だけのカジュアルなお見合いをして、出光加奈子さんに興味をもったつんくさん。

同年8月に交際を申し込み、東京から福岡の約1200キロメートルもの遠距離恋愛がスタートします。

その後は、お互いにメールや電話でのやり取りを経て、出光加奈子さんが福岡の番組を卒業し、つんくさんと一緒に暮らすために同年11月に上京し正式に交際を開始。

翌2006年1月につんくさんは出光加奈子さんに「結婚するぞ」とプロポーズをして、2月に出光加奈子さんのご両親への挨拶も済ませていたそうです。

嫁は元モデル、タレントの出光加奈子

出典元:ORICON NEWS

出光加奈子さんは元々モデルやタレントとして活動していたことがあり、福岡のローカル番組「ももち浜ストア」内の旅コーナーでレポーターをしていたことがあります。

そんな出光加奈子さんは「いでみっちゃん」という愛称で呼ばれ、地元のファンから愛されていたそうです。

スポンサーリンク

2006年に結婚

出典元:日刊スポーツ

そして、つんくさんと出光加奈子さんは2006年6月8日に結婚し、同年8月10日に京都市にある浄土真宗西本願寺にてお互いの親族のみで結婚式を挙げました。

つんくさんが浄土真宗の門徒であることから仏前式での結婚式を決めたそうです。

2人が結婚した当時の年齢はそれぞれ、つんくさんが38歳出光加奈子さんが26歳ということで12歳差で結婚したことになりますね!

また、2012年にはハワイで2度目となる結婚式を子供を含めて挙げています。

結婚生活

出典元:デイリー

つんくさんは出光加奈子さんと結婚する前から仕事第一の人間であったそうです。

結婚当初も朝から夜中まで仕事をし、翌日もその繰り返しの生活を送っていたため、ほとんど家にいなかったと出光加奈子さんは言います。

このように結婚しても忙しさは変わらなかったようです。

そして、2008年に男の子と女の子の双子が誕生し、2011年には次女である女の子が誕生。

このまま順調に結婚生活が進むかと思いきや、2014年につんくさんに咽頭がんが見つかってしまいます

2014年2月につんくに咽頭がんが見つかる

出典元:スポニチ

実は以前からつんくさんは喉の調子が悪く、定期的に病院で診てもらっていたのですが、お医者さんからは原因は不明だと言われていたそうです。

しかし、喉の調子が一向に良くなることはなく、2014年2月に他の病院で診てもらったところ、がんが見つかったそうです。

病室で医師から進行度がステージ2の咽頭がんと診断されたつんくさんは頭の中が真っ白になり呆然、一緒にいた出光加奈子さんも同様で手が震えていたそうです。

この咽頭がんの診断がきっかけで出光加奈子さんはつんくさんの代わりにがんについての猛勉強します。

出光加奈子さんは寝る間も惜しみ、入院中のつんくさんのもとにがんに関する資料を持ってきてたり、国内だけでなく海外の治療法も調べたりしていたそうです。

その結果、つんくさんは出光加奈子さんが見つけてくれた治療法を選択することに。

そして、咽頭がんと診断された1か月後の2014年3月から放射線と抗がん剤を使って声帯を温存する治療法を開始

同年9月に医師から寛解と言われ、このまま治療を続けていくだけで終わるはずでした。

しかし、喉の違和感が消えなかった為、他の病院で検査したところ、がんが残っていることがわかります。

つんくさんに残された治療法は声帯を摘出することつまり、声を失うことを意味します。

それでも、つんくさんは「声がなくなっても生きていける」と気持ちを切り替えて、同年10月に声帯を摘出することに。

2016年からハワイへ移住

出典元:スポニチ

2014年10月に声帯を摘出したつんくさんは2016年に奥様の出光加奈子さんと子供と一緒にハワイへ移住しました。

つんくさんは声帯の摘出をしてから2か月に休養のためハワイへ滞在し、その後は移住するまでに10回ほど訪れたそうです。

つんくさんはハワイに到着すると日本と違って安心感を覚えるようになり、自然と移住することになったとのこと。

実際にハワイに住んでからびっくりすることがいくつかあったとつんくさんは言います。

たとえば多くのコンビニやガソリンスタンドにはトイレが無く、あったとしても防犯上の関係や、お客さん以外使用できないように鍵がかかっているそうです。

トイレにすぐに入れないのは嫌ですw、まぁ、日本では考えられないですよね(笑)

さらに、スーパーへ買い物に行った際にはレジの店員がお客さんと話したりしてレジが進まないと奥様の出光加奈子さんは言います。

ということで日本の常識が海外は通用しないことがあり得るので、旅行に行く際にはしっかり調べておいたほうが良いですね!

水晶婚式を行ったり、指輪を購入するなど夫婦仲は良好

出典元:スポーツ報知

つんくさんと出光加奈子さんが2006年6月8日に結婚してから、15周年となる2021年6月8日

つんくさんはこの日、結婚15周年を祝う水晶婚式を行ったことを自身のブログで報告しました。

ちなみに水晶婚式とは結婚15周年を祝う記念日のことを言い、1~15周年までは1年ごとに、水晶婚式以降は20周年、25周年と5年ごとに結婚記念式がありそれぞれに呼び名がついています

また、水晶婚式には「水晶のように無色透明で曇りのない信頼関係」という意味が込められ、お互いの関係を再確認できる結婚記念式でもあります。

さらにつんくさんが51歳になる一週間前には出光加奈子さんと出会って15年目の節目として、家族そろって指輪を購入しました。

結婚当時、つんくさんは仕事でとても忙しく、指輪は購入したものの出光加奈子さんと買いに行ったことが無かったそうです。

しかも結婚式当日にその指輪を忘れてしまったとか(笑)

そういったこともあり、仕切り直しの意味を込めて、15周年目の節目として指輪を購入したそうです。

ちなみに気になる指輪のお値段は分かりませんが、噂では300万円するとかしないとか

子供は双子の長男、長女と次女の3人

出典元:ORICON NEWS

つんくさんと奥様の出光加奈子さんとの間には子供が3人いらっしゃいます。

2008年4月に双子の長男と長女が誕生し、2011年に3月に次女が誕生。

2021年現在の長男と長女の年齢は2008年4月生まれなので現在はそれぞれ13歳、次女の年齢は2011年3月生まれなので10歳になりますね。

まとめ

出典元:音楽ナタリー

つんくさんと嫁・出光加奈子さんの馴れ初めや結婚生活、夫婦仲を中心にまとめました。

それではもう一度、振り返りましょう!

・つんくさんと出光加奈子さんは2006年6月8日に結婚。

・2人の馴れ初めは共通の知人であるお笑いコンビの博多華丸が仲介してくれたことだった!

・2014年2月、つんくさんに咽頭がんが見つかる。

・2016年につんくさんは自身の健康と家族のことを考えて嫁の出光加奈子さんと子供3人でハワイへ移住。

・結婚から15周年目に水晶婚式を行ったり、家族で指輪を買いに行くほど現在も夫婦仲は良好。

・子供は3人。2008年に双子の長男と長女、2011年に次女が誕生。

実は亭主関白なつんくさん。

結婚当初から「女は家を守るべき」や「仕事場であるライブ会場に彼女や奥さんは呼ばない」といった考えを持っていたそうです。

しかし、出光加奈子さんと結婚し、最初の子供である双子の誕生をきっかけにその考えが変わり、テレビ番組で出光加奈子さんの尻に敷かれていると語っていましたw

スポンサーリンク

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.